メイン写真メイン写真

_01. 高気密・高断熱・高耐震を追究したハイスペック省エネ住宅

高気密・高断熱・高耐震を追究した
ハイスペック・省エネ住宅

住まいの住宅性能が高ければ高いほど、万一の時も大切な家族を安全に守り、心地よく快適に暮らすことができます。CRAFTHAUSの住まいは、デザイン性と高気密・高断熱・高耐震の機能性を高水準に両立させたハイスペック住宅。私たちはデザインだけでなく、断熱性能・耐震性能・エネルギー性能はもちろん、目に見えない快適さまでにもこだわり、日々性能技術を追究しています。

Ua値0.46以下 HEAT20 G2グレード 部屋の中が常に適温に保たれる「高断熱」

高断熱とは、床・壁・天井から出入りする熱が少ないのが高断熱の家。住宅の断熱性は「UA値」という指標で表され、数値はゼロに近づくほど「熱を通さない高断熱な住まい」といえます。一般的な4地域~7地域=東北の一部~九州の一部では表の通りです。高断熱にこだわるCRAFTHAUSの数値は、東北地方の基準値より高い断熱性能値(Ua値0.46以下)を示し、断熱グレードは最高レベルのHEAT20 G2クラスの断熱性能を実現。まさに高性能住宅と呼ぶにふさわしい「夏涼しく冬暖かい家」を実現しています。

UA値 図UA値 図

高気密 C値0.5以下気密測定実施

隙間を少なくして熱損失を極めて小さく抑えた(家内外の空気の出入りを少なくした)のが高気密の家。その性能を数値で示したのがC値(=床面積1m2当たりの隙間面積)で、ゼロに近づくほど「高気密な住まい」となります。CRAFTHAUSのC値の標準は、これまでの日本の目標5.0をはるかに超える、C値0.5(cm2 / m2)以下を標準値として設計しています。 気密は現場の職人が丁寧に施工することで作り出す性能です。第三者機関による気密測定を行い、必ず証明書を発行いたします。

省エネ基準 図省エネ基準 図

耐震等級3を標準仕様

耐震等級3を標準仕様としているのにはワケがあります。長期優良住宅は耐震等級2で取得可能です。なぜ長期優良住宅の基準を超える耐震強度で建てる必要があるのでしょうか?それは、熊本の大震災のように震度6級の地震が連続して起きるという観測史上、経験の無い地震が起きているからです。

CRAFTHAUSでは、構造計算を必須としています。構造計算とは実際に設計された住宅をコンピューター上で地震の揺れなどを与えシミュレーションすることで、住宅のどの部分の構造がダメージを受けるかの確認を行い、簡易的な壁量計算による構造計算では見えないリスクをしっかり把握しています。

写真1写真1