メイン写真メイン写真

光あふれる2階リビングの家
Works Case#003 E様邸

「プライベートを重視しながらも明るい家にしたい」とのEさんご夫婦の要望を実現した、光あふれる2階リビングの家。建設地の近くは眺望に優れ、美しい富士山を望むことができました。富士山の勇姿を望める2階のリビング・ダイニングは、この家の絶景ポイントのひとつ。建築家自らその土地に足を運び、近隣の建物や窓の位置を確認し、ご夫婦が重視しているプライベートを確保しつつも、様々な位置から自然光を取り入れた光あふれるプランニングが実現しました。

また、その眺めだけに頼るのではなく、家事動線も配慮しつつ居住空間としての快適さを気候データを科学的に検証したうえで設計プロセスに取り入れ、快適な空間を実現しています。

「Mt.Fujiを望みフラメンコを舞う家」

建築家/戸田 悟史
(トダセイサクショ一級建築士事務所)

戸田悟史 写真

【お施主様の仕事や暮らしのイメージ】

ご夫婦お二人のための家づくりでした。奥さんの趣味のフラメンコを踊るスペースや、Mt.Fujiを眼前にとらえることが出来るピクチャーウィンドウを配した2階LDKや、繋がるルーフテラスが希望。また、奥様は視線などプライバシーを気にされている様子でした。

洋服の量がかなり多く、約6畳分のクローゼットとフラメンコ意匠用の1.5畳のクローゼットを計画しています。

【敷地環境】

計画面積を考慮すると、少し弄んであそんでしまう敷地面積でした。現地で確認した際にも、北側ですがMt.Fujiがきれいに見えていたので、この展望は必ず計画に入れたいと思いました。

【外観デザイン】

シンプルな総2階の構成をご要望されておりましたので、その形をとりながらもアクセントとしての玄関前の袖壁をアイポイントとして配置しています。道路面からも建物内部へ視線が通らないような窓配置を考えました。

建築家プロフィール/戸田 悟史
Facade_1

Facade_1

白いシンプルな箱型フォルムの外観。外観からは内部の間取りを想像できない建築設計になっており、ご夫婦の希望しているプライベートも確保された合理的なデザインとなっている。

Facade_2

Facade_2

あえて玄関を建物の奥に配置することでプライベートを確保。白いシンプルな内観にデッドシダーと玄関ドアの木目が目を引くデザイン。ご主人の趣味の釣り道具などが一時的に置けるよう広めのスペースを確保している。

Entrance

Entrance

玄関土間部分には奥様お気に入りの照明を設置したエントランス部分には目線が合わない窓を下部に設置することでプライバシーを確保しながらも光を取り入れている。玄関奥には大容量のウォークスルーシューズクロークがあり、傘や釣り道具の一時置き場にもなる。

Closet

Closet

奥様の趣味のフラメンコのドレスが収納できるよう、壁一面の大容量のクローゼットスペース。

Washroom_1

Washroom_1

二人並んで使用できる広いグレーのカウンターに木目調がアクセントの洗面スペース。朝の忙しい時間帯に重なっても十分な余裕を持たせている。

Living dining_1

Living dining_1

富士山の勇姿を望める2階のリビング・ダイニングは、この家の絶景ポイントのひとつ。窓の位置を上部に設置することで人の目線を感じることなくプライベートな空間で景色を愉しむことができ、自然光も取り入れている。

Living dining_2

Living dining_2

2階LDKは各方向から光を取り入れることで外観からは想像できないほど光あふれる空間となった。各窓の位置は周りの目線が気にならないようすべて上部に配置され、プライベートを確保している。

Kitchen

Kitchen

グレーを基調としたスモーキーな色合いのキッチンスペース。冷蔵庫や生活感のあるものは隠しつつ背面棚の収納部分には家電や雑貨が並ぶ奥様お気に入りの空間となった。

Terrace

Terrace

南面に配置された開放感あふれるプライベートテラス。昼は富士山を見ながら、夜は満天の星空を愉しみながらご夫婦の趣味の日本酒を楽しむことができる。

Kids-room

Kids-room

1階子供部屋は秘密基地のようなロフトスペースが。高いところや小さなスペースは不思議とワクワクするものですが、高さのある空間は限られたスペースでも面積を最大に生かすことができる為空間を最大限に有効活用した建築家ならではのアイデア。

Washroom_2

Washroom_2

キッチン奥の洗面スペースはキッチンからもリビングからも行き来可能な回遊できる設計となっている。2階と1階の水回り部分を同じ位置に配置することで配管をシンプルにしコストダウン。